ボニックプロ

この前の長く休みが続いたとき、ぜひ一度挑
TOP PAGE > この前の長く休みが続いたとき、ぜひ一度挑

この前の長く休みが続いたとき、ぜひ一度挑

この前の長く休みが続いたとき、ぜひ一度挑みたいと思っていた軽めの断食をようやく行ってみました。

食事の内容は酵素入りの飲み物とミネラル水だけです。

ひもじい思いをするのが辛いというのは当然でしたが、重要なのは宿便が解消されて、宿便もなくなったので、万歳したい気もちです。体重もダウンしましたし、体が楽になったような印象です。

断食療法をご存知でしょうか。

ファイスティングとは、英語の動詞「fast」の名詞形です。

つまり、断食や絶食を意味しています。

絶食療法をすると、自身の免疫力が高まります。

断食療法には多種多様な効能があり、肌の荒れや便の通じがよくなったり、アレルギー体質の緩和にも効果が期待できます。効果には人によって異なりますが、花粉症などのアレルギーで苦しんでいる方は試してみてちょーだい。年をとると伴にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)主体の酵素という高分子化合物は体から失われるので、酵素を飲むのが健康のためになると信じて、高価な酵素ドリンクを買っている仲間がいます。

その知り合いに直接は言えませんが、酵素とひとまとめでいってもいくつも種類があるわけで、単にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)主体の酵素というがふくまれるドリンクを飲んだところで何にも効かないだろうと考えてしまうのですよね。

酵素ドリンクの健康への実効性は、近頃になってだいぶ、認知されるようになりました。ですから、酵素ドリンク商品が増加傾向があるでしょう。多くの会社から発想を凝らした酵素ドリンクが発売されているので、味や健康効果など自分の好みの商品を使用してみると良いですね。健康を維持するため、また、体重を減少指せるために、断食療法を実行する人が増える傾向があります。

しかしながら、ただ食べないというやり方では健康な身体に悪影響を与えます。

特に尿の検査をしてケトン体が発見された場合は、身体に栄養が足りていないことを示しているので、そのような状態にならないように上手にファスティングを実行することが大事です。

ファスティングをしている最中に、頭痛が起こる人もいます。

ファスティングによって血糖値が下がりすぎてしまうために起きてしまうことだ沿うです。酵素ジュースや野菜ジュースを飲むと、低血糖が解消されて頭痛が治まることでしょう。

万が一、酵素ジュースなどを摂ってしばらく静かに過ごしていても頭痛が治まらないケースでは、ファスティングはここまででやめたほうがいいです。

連休を利用してファスティングにチャレンジです。トータルすると、準備と回復の期間も合わせて5日の見込みです。

回復期間はおかゆ、重湯中心の食事でも良いけれど、どうせですからさまざまな栄養素が入っているのにカロリー控え目な酵素ドリンクにも挑戦してみたいと考えます。どの程度体重が落ちるのか今から楽しみです。

酵素というのはダイエット飲料として知れ渡っていますよね。

消化の吸収などに関係していて、置き換えダイエットなどで頻繁に使われているようです。酵母はこの酵素ドリンクを造る場合に使用される微生物で、酵素をつくり出す場合なんかになんとダイエットの障害の糖質を分解してくれるというものです。

要するに、発酵分解するパワーは、酵素より酵母がまさっていて、ダイエット向きといえるのです。最近では、飽食の時代といわれていて、食欲をそそるものがよく見かけます。食べたくなるものがありすぎて年々体脂肪が増えるばかりなのです。そこで休みの日を用いて、たまには胃腸を休息して毒物を排出するために、プチ断食に挑戦します。もし、酵素が胃酸によって死滅してしまうのだとするなら、ダイエット効果の期待は出来ません。

実際問題、ph5から7でしか活動しない酵素も存在します。しかし、だからといって、分解されてしまって、意味がないという理由ではありません。酵素の中では強い酸性でも生きられる酵素、酵母がいっぱいありますし、いったん胃の中で活動を停めても、また腸で活動を始める酵素もあります。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 ボニックプロがボニックを超える日 All Rights Reserved.

ページの先頭へ